金融経済研究所

金融経済研究所

レポート

Report No.009

ふり返ってみれば

2012/08/14

ふり返ってみれば、世界の金融は大変な道を歩いてきたものです。

1980年代の世界のGDPは10兆㌦くらいでした。その頃のおカネの量は12兆㌦。 マネーと経済の比率は1.2倍でした。今は、世界のGDPが72兆㌦でおカネが225兆㌦と、比率が3倍に膨れ上がってしまっています。バーナンキさんが出口戦略にアタマを悩ますのも当然。株の上がる下がるの問題どころか、世界経済が破裂しかねないと心中では懸念が一杯なのでは?

議長は恐慌論の博士ですから、知りすぎているわけで、このまま金融緩和は許されないだけでなく膨れ上がったマネーをどこに振り向けるか、それは政治家への課題なのでしょう。となれば、マネーは先進国の技術とともにまだ経済が遅れた地域へ回されるべきだし、それが武器の買付や賄賂にいかないで正しく配分される仕組みが必要なのでしょう。地球の隅々まで生活水準が向上するなかで株価も安定した上昇を続けることでしょう。

1980年代の世界のGDPは10兆㌦くらいでした。その頃のおカネの量は12兆㌦。 マネーと経済の比率は1.2倍でした。今は、世界のGDPが72兆㌦でおカネが225兆㌦と、比率が3倍に膨れ上がってしまっています。バーナンキさんが出口戦略にアタマを悩ますのも当然。株の上がる下がるの問題どころか、世界経済が破裂しかねないと心中では懸念が一杯なのでは?

議長は恐慌論の博士ですから、知りすぎているわけで、このまま金融緩和は許されないだけでなく膨れ上がったマネーをどこに振り向けるか、それは政治家への課題なのでしょう。となれば、マネーは先進国の技術とともにまだ経済が遅れた地域へ回されるべきだし、それが武器の買付や賄賂にいかないで正しく配分される仕組みが必要なのでしょう。地球の隅々まで生活水準が向上するなかで、経済も株価も安定したパフォーマンスを続けることでしょう。

ページトップへ

 

商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第33号 加入協会:日本証券業協会

Copyright(C) Air’s Sea Securities co.,Ltd 2013 All Rights Reserved.